いつもこのメールをお読みいただきどうもありがとうございます。
一般社団法人 日本ストレスチェック協会代表理事・産業医産業医の武神です。

今日は、産業医の立場からのメルマガで、
【お砂糖は1日どれくらいとってもいいの?】
というお話です。


世界保健機関(WHO)は2014年3月、
【1日の摂取カロリーに砂糖などの糖類が占める割合を5%未満に】
抑えるよう呼びかける指針案を発表しました。

標準体形の大人の場合、
25グラム(小さじ6杯)に相当します。

ちなみに、
糖質1gは、4kcalに相当
1日の摂取カロリーを2000kcal
としています。


2002年にWHOが同様の指針を出したときは、
10gといっていましたので、
半分に減らしたことになりますね。


それほど、
糖質(炭水化物)の過剰摂取が、
世界の人々の健康に被害をもたらしている
と考えられます。


多くの人が何気なく食べている加工食品。
ここにたくさんの糖質(炭水化物)が含まれているのです。


どうしてでしょうか?


三大栄養素(糖質、たんぱく質(アミノ酸)、脂質)の中で、
一番安いのが、糖質だからです。
つまり、売る側にとっては、
一番、儲かるのが、糖質をベースとした加工食品なんです。


Food Desert(フード・デザート)という言葉をご存知ですか?
おやつのデザートではありません。

低所得者が、より安い食料しか手を出せず、
健康的な食べ物にありつけることができない。
そして、空腹感を簡単に満たしてくれる
いわゆる糖質満載のジャンクフードばかり食べ、
どんどん非健康的に(肥満に)なっていく。

都会でありながら、健康的な食事にありつけない
【現在の食の砂漠=Food Desert】
といいます。
ご参照ください:http://www.nationalgeographic.com/foodfeatures/hunger/


一番簡単な、摂取糖質の減らし方は、
【飲み物からの糖質摂取を減らす】
つまり、
【甘い飲み物をやめる】
ことです。


2013年のアメリカの飲料食品データによると、
あなたもご存知の以下ドリンクにも、
たくさんの糖質があることがわかります。

コカ・コーラ(炭酸飲料)
 600ミリリットル入りのボトル1本に含まれる砂糖の量は65グラム。

ペプシ(炭酸飲料)
 600ミリリットル入りのボトル1本で砂糖69グラム。

レッドブル(エナジードリンク)
 470ミリリットル入り1缶に含まれる砂糖は52グラム。

スターバックス・アイス・フレーバー・ラテ(コーヒー系)
 低脂肪乳を使い、好みのシロップで味付けしてもらった場合、グランデサイズ1杯に含まれる砂糖の量は28グラム。

ミニッツメイド100%リンゴジュース
 450ミリリットル入りのボトル1本で砂糖49グラム。
 (これは単糖類ではなく果糖で、血中糖度の上昇は緩やかなはずという人もいますが、果物を丸ごと食べれば食物繊維のおかげで糖分の吸収はゆっくりになりますが、ジュースにしてしまうと食物繊維はほとんど残らないので、おすすめしません。)

リプトン・レモン・アイスティー(紅茶系)
 590ミリリットル入りのボトル1本で32グラム。


繰り返しますが、
WHOの2014年度ガイドラインでは、
【標準体形の大人の場合、25グラム】
が、1日に摂取すべき糖質量ですからね!


以上、ご活用頂けますと幸いです。