私は、大腸内視鏡医としては、年間約1000件の大腸内視鏡検査をしています。そして、産業医としては、年間800人から1000人の働く方と面談をしてきました。

その中で、メタボリックシンドロームなどの”からだの健康”だけでなく、”こころの健康”の分野においても、「予防」の大切さを日々実感しております。

  • ちょっとした気づきがなかったために、うつ病になってしまった方。
  • 発見が遅れ治療開始が遅れ、病気が重症化そして慢性化してしまった方。
  • 部下や同僚の変化に気づいてあげられなかった方。
  • 友人や家族に相談させたけれども、どう対応していいのかわからず、悔いの残った経験をお持ちの方。
    様々な方のお話をおうかがいしてきました。
たくさんの面談の中で、不安やストレスに悩まないコツ、おちこまない技術のようなものを知らないばかりに、メンタル休職になってしまうケースをみてきました。
考えてみると、学校や会社では誰も教えてくれないことですよね。
そのような中、「世の中から、ストレスや不安で悩む人をなくす」「みんなの笑顔、みんなの幸せ」を、産業医の立場とは違う形で追求したいと考え、この度、一般社団法人 日本ストレスチェック協会を立ち上げました。jsca.co.jp/
7/16より業務開始です。
JSCA logo_dtp